柔道事故対策 ヘッドサポーターの着用を2016-08-30 12:32

名古屋大学大学院准教授の内田良さんの報告によると、1983年から2016年2月まで、学校の部活や授業で、120名が亡くなっています。
兵庫県においても、2005(H17)年に県立高校での部活動中に、頭部を打って死亡した事例があります。
2014年度の中学校の授業中における柔道事故の医療費支給件数は、全国3967件、兵庫県234件(全国第4位)、骨折件数は全国1263件、兵庫県79件(全国第4位)です。

 その対策として、ヘッドサポーターの着用等が考えられます。私の議会における質問を見た和歌山県の弁護士さんから、一部の警察署でヘッドサポーターをつけて練習していることを教えていただき、ヘッドサポーターを郵送して下さいました。

 これを付ければ、頭部の重大な怪我はかなり防げそうです。柔道着に肩パットを装着すれば、肩や鎖骨の骨折も防げるのではないでしょうか。

今まで十分な対策が取られなかった柔道事故対策を、前に進めることができればと思います。

コメント

_ 越智 清光 ― 2016年11月17日 10:57

武道必修に伴う事故の記事を読ませていただいています。事故ゼロに向けて対策を取らせるように頑張ってください。
質問ですが、柔道選択した場合の柔道着の購入ですが、学校によってばらつきがあります。
購入させている学校、していない学校、柔道以外の選択をしている学校と保護者負担のばらつきをどのように考えればいいのでしょうか。
学校購入すれば教師の負担が増えますし、行政が負担すれば不公平という問題も起きてくるでしょうから難しいです。結局は保護者負担しているケースが多いと思います。
ご意見お聞かせください。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2016/08/30/8166044/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。