未来を感じる県内調査 洋上風力発電、バイオディーゼルなど2017-08-04 09:42

 8月2日~3日に行った県内の調査2日目は、「あわじ竹林資源化プロジェクト」、「葉の花プロジェクト」、「洋上風力発電導入検討」などを見てきました。
 
 「あわじ竹林資源化プロジェクト」については、淡路島で放置竹林が増えていますが、竹は根が張らず増えすぎると土壌が崩れやすくなるなどの弊害もあるようです。そこで、竹を伐採し、チップ化して燃料にすると共に、パウダー状にし、資料や肥料として使用する事業がスタートしていました。南あわじ市にある杉本林業が担い県も支援を行っていますが、大きく広がることを期待しています。

 洲本市が行っている「菜の花プロジェクト」は、休耕田などに菜の花を植えてもらい、開花した後に種を採取し、それを搾油して市民に販売。使用後の廃食用油を、ごみステーションで回収し、それを精製しバイオディーゼル燃料として使用してします。現在は、市のマイクロバスや農業機械の燃料として使用しています。

 洋上風力発電は、洲本市で環境省の委託を受け、調査検討中です。発電出力は5MW×10~20基で、岩盤まで打ち込む着床式のものを検討中です。鳥との衝突を回避するよう設置場所の検討も行いながら、前に進めていただきたいと思います。

写真は洲本市バイオディーゼル燃料精製機前

神戸製鋼 石炭火力発電所建設 説明会開催 「脱石炭に転換を」2017-07-18 10:02

 神戸製鋼が、六甲アイランド近くの海岸部に石炭火力発電所を建設する計画を進めています。石炭火力発電所は発がん性物質でもあるPM2.5や水銀など、焼却炉のフィルターなどで除去しても、問題のある物質が一定量排出されるようです。
 CO2排出量もかなり多く、温暖化対策を進める先進国の中では脱石炭火力が進んでいます。
 日本では、排出量に応じた炭素税がないことから、CO2排出量の多い石炭が安く手に入ることが問題ですが、温暖化対策に消極的な今の政府に、その改善を求めるのは難しそうです。もちろん意見を伝えていくことは必要です。
 是非、皆さんも説明会に参加し、脱石炭を進めるよう意見を出しませんか。無料。申し込み不要。
7月19日(水)18時半~ 神戸市立灘区民ホール
7月22日(土)14時~  神戸芸術センター
7月25日(火)18時半~ 神戸市立東灘区民センター
7月27日(木)18時半~ 芦屋市民センター

九州豪雨 安否不明者の早期の確認と防災対策と温室効果ガスの削減を2017-07-06 21:23

 九州豪雨での被災をされた方に心からお見舞い申し上げます。安否不明の方は一刻も早い確認と、被災されている場合は、早期の救出を望みます。
 併せて、最近の豪雨は、気候変動による可能性が高く、これ以上の気候変動を起こさないため、政府はCO2など温室効果ガスを本気で削減すべきです。

要注意 アカカミアリ見つかる 丁寧な生息調査の実施を2017-06-23 10:42

 神戸港コンテナヤードで、ヒアリが確認された120m東側の亀裂に、アカカミアリ約100匹が確認されました。殺虫処理をすると共に、ポートアイランド島内の生息調査を拡大実施することになりました。

 アカカミアリは、ヒアリほど毒性は強くありませんが、毒を持つアリです。

 神戸市では、以下のような呼びかけを行っています。
ヒアリと同様、素手で触らないこと。刺された時は安静にし、体調に十分注意すること。容態が急変した時は、救急車を要請するなど、医療機関を受診すること。

兵庫県ツキノワグマの狩猟再開 推定生息数に疑問あり2016-10-23 14:50

 兵庫県が1996年から禁止していたツキノワグマの狩猟を一部解除することを決めました。推定生息数が、絶滅の恐れの無いレベル800頭を上回る940頭に回復してきたため、11月15日から1か月間、140頭を捕殺することを計画しています。
 その推定生息数に疑問が出されています。以下疑問点です。
・そもそも環境省は個体群ごとの管理が必要と言っている。兵庫県には、近畿北部地域個体群(西側)と東中国地域個体群があるが、兵庫県は、両個体群の熊の行き来があることから一体とみなして、推計頭数940頭を求め、狩猟禁止解除という方針を出している。
・環境省では、個体群の成獣800頭以上で安定した個体群と言っているが、兵庫県の推計数値は幼獣も含んだもの。2015年度に危険だということで殺処分した頭数は計算に入っていない。
・統計学を使った応用経済学を教える日本福祉大学の山上教授は、大型哺乳類である熊の増加率が兵庫県の推計(約20%)にあるようなことになることはあり得ないと言っている。彼が、標識、再捕獲法を使って、独自に推計したところ、熊の生息数は200~300頭程度であり、400頭に満たないだろうと推計。
県の単年度の推計中央値を見てみると、単年度の最大の自然増加率は26.2%。
 (財)自然環境研究センター研究員である藤田正弘さんが作成した資料によると、熊の個体数の自然増加率は5%となっている。横浜国立大学の大学院生太田さんの論文では、5~7%。
・奥山では、広葉樹が増えず、下草が生えないところもあり、餌が少なく、結局、人里などに、熊が降りて来ることになる。目撃頭数で推計値を求めると、数値が過大になる。
・100歩譲って、今の想定が正しかったとしても、下限値では691頭の生息の可能性もある。成獣の下限値が800を超えれば、どうするのかという判断の方が、合理性が高く、より多くの人に納得が得られる。
・西日本では、原則、狩猟は禁止している。個体群毎の数値を丁寧に把握、管理すべきであり、近隣の自治体と対応も合わすべき。もう少し皆が納得する形での推計をすべきである。現段階で狩猟解禁は問題がある。
 
 人間に危害を加える熊は捕殺処分するしかありません。しかし、奥山も実のならない針葉樹が多く、道路やダム開発などで、生息地が減って行く中で、人里近くに出て来るようになったことを考えると、広葉樹中心の奥山に復元し、生息地を回復すれば、熊は奥山に帰って行きます。
 安易な捕殺ではなく人と動物が共存できる森の回復が望まれます。