3月1日兵庫県議会 丸尾の一般質問やりとり(概要)2017-03-02 20:42

県議会HPで録画中継を見ることができます。

丸尾:政治資金収支報告書をHPで公開してはどうか?2015年分は27都府県が実施済み。
当局:費用負担のあり方や事務処理体制の充実が必要になる。今後とも、他県の取り組み状況や県民ニーズを踏まえながら、慎重に検討していく。
丸尾:福島県が県外のみなし仮設住宅の提供を打ち切ることから、全国の自治体の中で、公営住宅の無償提供や継続入居などの支援をするところが出てきている。兵庫県の何らかの支援が必要ではないか?
当局:独自の支援は行わない。
丸尾:原発事故時に関西電力は関西広域連合に安定ヨウ素剤を貸与するとの覚書を交わした。兵庫県内には、三田市、豊岡市など10カ所に営業所があるが、いざという時のために、営業所で備蓄してもらうよう要請してはどうか?
当局:関電とは連携を密にしていく。(答弁には直接答えず)
丸尾:兵庫県は、引き取りや負傷した犬猫(2015年度3055頭)の飼い主への返還率は3.1%(全国ワースト10位)、第3者への譲渡率11.8%(全国ワースト7位)、殺処分率85.5%(全国ワースト6位)、負傷動物の殺処分率95.9%(全国ワースト3位)。飼い主を探すための収容した犬猫のHPアップ期間を延ばし、譲渡会の開催数増や譲渡事業に協力してくれる団体・個人を増やしていくなどの取り組みで、犬猫殺処分の大幅減の実現をすべきでは?
知事:登録団体の増加に努め、収用犬猫のHPしていることを県民に周知するよう市町関係機関にも協力を得て行く。殺処分数削減の中間目標は、定めて行くかどうかを含め検討する。
丸尾:ツキノワグマの狩猟が再開されたが、推定生息数が過大に設定されている可能性がある。兵庫県には2つの群れ(個体群)が存在しているが、群れごとの生息数を調査した上で、対策を考えるべきではないか?
知事:地域個体群毎の保護管理を進めていく。人身被害の防止を最優先に、クマと人とが共存できる科学的、計画的な保護管理を進めていく。(いくつかの疑問点には直接答えず)
丸尾:野生動物育成林で広葉樹の植樹をしているが宍粟市の整備場所では広葉樹はほぼ全滅に近い形であった。検証と再植樹、さらなる広葉樹の植林に取り組むべきでは?
当局:整備地の状況を把握中。今後、防護柵の補修を行い、必要であれば植林する。広葉樹を着実かつ効果的に植栽し、将来にわたって野生動物との共生が図られる森づくりをしていく。

兵庫県議会HP
http://www.hyogokengikai.jp/broadcast/20170301-4.wvx

兵庫県予算案 旅行諸費の見直しで年5億円の効果2017-02-21 21:42

 県議会政務活動費問題が起こり、私は議会に出席する時の費用弁償(交通費等)を実費に見直すよう議長に要請し、2015年度から県議会に出席する時の費用弁償(交通費等)は、交通費実費+300円(旅行諸費)に見直されました。旅行諸費は、県職員の制度に準じ、支給がされています。

 県の行革においても、旅費の見直しが課題に上がり、私は「宿泊費、旅費共実費を原則とすべきである。」と意見を述べて来ました。

 その結果、県の予算案で、「旅行諸費は廃止する」という案が示されました。その効果額ですが、県議会では約200万円。県当局側で約5億円になるとの試算が示されました。通信連絡費を県が実費負担するため効果額はもう少し小さくなる見込みのようですが、それでも約5億円の削減は大きな効果額です。

 これからは、交通費が実費支給になったので、気持ちよく県議会に行けます。

兵庫県議会一般質問作成中2017-02-19 17:05

4年に2回しかできない一般質問を、作成中です。集中するためにコーヒーを飲み、ストレス解消で、お菓子を食べながら質問作成しています。

3月1日(水)13時45分から、兵庫県議会本会議で質問予定です。傍聴大歓迎です。
ネット中継でも見ることが出来ます。県議会http://www.hyogokengikai.jp/

 以下質問項目(予定)です。
・政治資金収支報告書のWEB上での公開について
 政治資金の不透明な支出が後を立ちません。市民がチェックできるように政治資金収支報告書をWEB,上で公開する必要があるのではと県選管に質問します。
・犬猫殺処分の大幅削減について
 兵庫県では、犬猫の殺処分がかなり多い状況です。殺処分を大きく減らしていくための提案をし、知事の見解を質します。
・福島県からの避難者の住宅確保等の支援について
 兵庫県営住宅などに、みなし仮設住宅として、福島県、宮城県、岩手県からの避難者が居住していますが、福島県のみ県外のみなし仮設住宅を打ち切ることになりました。
 福島県からの避難者が、宮城県、岩手県の避難者と同じように兵庫県内で住み続けるための支援が出来ないか知事に質問します。

その他、原発事故に備えた安定ヨウ素剤の備蓄について、熊の狩猟再開について、野生動物の生息地としての広葉樹の植樹について、知事に質問する予定です。

議員ボーナス3年連続アップ 自・公・民進系会派賛成 共・維・樫野・丸尾反対2016-12-18 18:01

15日の県議会最終日に、議員ボーナス3年連続アップの議案が可決されました。民間企業の給与水準などを考慮した人事委員会勧告などを受けてのアップですが、政務活動費問題からの出直しの任期であり、ボーナスアップは自粛すべきだと思います。

ボーナスアップ率ですが、県民にはボーナスの支給割合を0.1ヶ月増やすと発表されていますが、実際には報酬カット前の月額88万円に役職加算分として1.45という係数をかけて、夏冬の期末手当の合計額は、年間で12.76万円増額。1.52ヶ月分ボーナスが増えることになります。

また、今回の県職員のボーナスアップが、勤勉手当部分のアップであり、職員によっては、成績が悪ければ、一部支給率が減らされる場合もあり、政務活動費問題を引き起こした県議会において、勤勉手当を上げる合理的理由が存在しません。そもそも特別職であり、職員給与、手当の見直しが妥当かどうか条例改正の内容を、審議、判断する議員が、自らの勤勉手当分を職員と同水準で引き上げることは、どう考えても理解することができません。勤勉手当分の引き上げは、控えるべきです。

それでも、どうしてもボーナスを引き上げるのであれば、特別職等審議会で審議してもらい、その結論に沿って見直すべきでしょう。ボーナスは審議対象にはなっていませんが、知事の諮問があれば、審議会で審議してもらうことはできます。

以上が議員のボーナスアップの反対理由です。県議会への県民の関心が低下すれば、こういう問題が、議論も無く通って行くことになります。引き続き、県議会にも感心をお寄せいただければ幸いです。

兵庫県議ボーナス3年連続アップの提案 政務活動費問題の反省は???2016-12-10 19:08

 兵庫県人事委員会が、民間賃金と県職員の給与の差が0.83%(民間が高い)、ボーナスについては0.10月民間が高いということで、その差の是正を求めました。但し、県職員は独自の給与カットをしていることから、実際には、県職員の給与は、民間よりも16,787円(4.25%)低い状態です。比較する民間企業は50人以上の職員なので、どうしても給与水準が平均よりも高くなりますが。

 本題はここからです。県職員の給与改定に合わせ、自公民の議員により県会議員のボーナス年約13万円アップが提案されています。もし可決されれば3年連続のアップです。

 今任期は、政務活動費問題での出直しの意味合いもあり、報酬、ボーナスアップは自粛すべきです。自公民の議員の中で、ボーナスアップに反対意見が出ないのも不思議です。

13日が常任委員会での審議。15日が本会議での採決です。