みんなのしゃべりば「地域包括ケアシステム ~入院から在宅へ~」2016-09-01 13:24

昨日は、カフェ&雑貨 ViaLatteaの天野英武さんが主催している「みんなのしゃべり場」に参加して来ました。

癌を患い病院から退院したばかりの天野さんは、少ししんどそうでしたが、素敵な笑顔を見せてくれました。

「かかりつけ医や訪問看護ステーションの看護師が、24時間電話一本で駆けつけてくれるので、安心して在宅を選択することが出来た」とのお連れ合い談。

某県立病院で、十分な痛みコントロールをしてくれなかったので、転院されたことも聞きました。医療用麻薬の利用を含め、癌患者には、しっかりとした痛みコントロールが必要です。

在宅で安心して医療が受けられるように、しっかりとした体制づくりが欠かせません。

天野さん ありがとうございました。お大事にして下さい。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2016/09/01/8167328/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。