知事選争点に!井戸知事退職金 新任期分を含めると総額2億円超に!?2017-06-26 11:25

 知事退職金は任期ごとに支給されますが、井戸知事は3期目(任期12年)までで既に約1億3千万円を受け取っています。さらに、まもなく終了する今任期分退職金が約3860万円支給され、総額約1億6860万円に。もしも井戸候補が知事選挙に勝利し、5期目を務めることになれば、井戸知事の新任期分を含めた退職金総額は、約2億700万円になります。

 知事退職金は選挙費用を補填する意味合いも含まれているのかもしれませんが、兵庫県の財政状況が悪く、行革を進め、市民にも負担を求めている中で、知事退職金が高額なのはどうなのでしょうか。

 ちなみに隣の大阪府は、知事退職金は廃止しています。山形県は、3期目の知事ですが、現知事のみ支給しないという仕組みで、3期とも退職金を受け取っていません。
 
 岩手県は、3期目の知事ですが、1期目、2期目は受け取らず、3期目約3838万円の退職金を受け取る予定です。1期4年毎の退職金額として計算し直すと1280万円程になります。中小企業の役員の退職金目安が、月額給与から在職年数×2~3倍ということを考えると合理的な範囲内だと思います。

 尼崎市の稲村市長は、1期目約470万円を受け取り、2期目2260万円を受け取る予定です。2期8年で計算した時に、中小企業の役員退職金の範囲内にギリギリ収まるところです。

 兵庫県知事の退職金を、中小企業の役員退職金と比較すると、給与月額134万円の役員の退職金は約6432万円(知事給与134万円×在職年数16年×3倍)になり、実際に支給される知事退職金の方が約1億円高い計算になります。

 ちなみに私が4年前に調べた首相の退職金は4年で522万円。国務大臣380万円。

 知事退職金のあり方も、知事選挙の争点としていただきたいと思います。

要注意 アカカミアリ見つかる 丁寧な生息調査の実施を2017-06-23 10:42

 神戸港コンテナヤードで、ヒアリが確認された120m東側の亀裂に、アカカミアリ約100匹が確認されました。殺虫処理をすると共に、ポートアイランド島内の生息調査を拡大実施することになりました。

 アカカミアリは、ヒアリほど毒性は強くありませんが、毒を持つアリです。

 神戸市では、以下のような呼びかけを行っています。
ヒアリと同様、素手で触らないこと。刺された時は安静にし、体調に十分注意すること。容態が急変した時は、救急車を要請するなど、医療機関を受診すること。

豊田議員問題 政策秘書に「バースディ―カード管理」が間違いでは?2017-06-23 10:32

 自民党の豊田真由子議員が政策秘書に、暴言、罵声を浴びせていた問題が報道されました。豊田議員は、人権意識が欠落しており、国会議員の資質に欠けるのではないかと思います。
 その問題とは別に、映像の中で、政策秘書に「バースディ―カードの宛名が間違っている」と怒っていることに大きな違和感を持ちました。

 政策秘書は、文字通り政策立案のための補助スタッフで、その人件費は公費で賄われています。参議院のHPには、政策秘書の業務として、「政策研究」「説明者の人選、依頼」「議員提出法案の準備」と書かれています。

 その政策秘書に、政策と関係のない選挙活動、後援会活動のようなことを任せていることが大きな問題ではないでしょうか。豊田真由子議員には、そのことを反省してもらわなければならないし、マスコミはそこにも焦点を当てるべきでしょう。
 豊田議員と同じように、政策秘書に本来業務と違う仕事を担わせている議員は、少なからずいるように思います。

 この問題は、「個人の資質の問題」で終わらせず、改めて、政策秘書の役割を再確認すると共に、政策秘書におかしな業務をさせないよう国会に通報、相談窓口を設けるなどのチェック体制を作り上げる必要があると思います。

 併せて、公費で給与が出ている第2、第3秘書にも、選挙活動に近い活動、議員の私的な活動の補助をさせるのは問題があり、チェックが必要です。

参議院HP 政策秘書の業務
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/hisho/h26gyomu.html

オンブズ3団体 兵庫県知事選立候補者に公開質問状2017-06-22 09:10

6月19日市民オンブズマン兵庫、市民オンブズ西宮、市民オンブズ尼崎の3団体は、7月2日投開票の兵庫県知事選に立候補している4氏に公開質問状を送付しました。
 回答するかどうかで、候補者の姿勢が見て取れ、回答内容で政策の方向性が見えて来るのでしょう。6月25日回答締め切りです。以下質問内容です。質問内容は要約で、わかりやすくするため、丸尾が説明を加えています。

1. 事実上の県営ホテルであるウェスティンホテル淡路の経営について、3セクに委託し続けるのか、委託に際し入札を実施するのか、ホテル施設を民間に売却するのか?
2. 県営でゴルフ場などがある青野運動公苑の経営を続けるのか?民間企業に売却するのか?
3. 選挙管理員会など行政委員会の委員報酬について、月額のままか、月額から月額+日額に見直すのか、日額に見直すのか?
4. 兵庫県にある高速道路、高規格道路を格子状に整備する計画があるが、人口減少社会に突入したことで、計画を見直す意思があるのかないのか?
5. 兵庫県は、財政指標である実質公債費比率を操作して、財政を良く見せかけているが、他都道府県と財政状況が比較できないようになっている。財政指標の操作を今後も続けるのか、止めるのか?

加計学園問題 第3者による調査と全ての当事者からの聞き取りを2017-06-21 09:17

加計学園問題で新文書が発見されました。
10月21日萩生田副長官ご発言概要(一部紹介)
総理は「平成30年4月開学」とお尻を切っていた。
文科省だけが怖じ気づいている
よる渡邊加計学園事務局長を浅野科長のところに行かせる。

萩生田副長官コメント一部抜粋
文科省の一担当者が伝聞など不確かな情報を混在させて作った個人メモであり、著しく正確性を書いたものと説明とお詫びが文科省から私にあった。
私から具体的な指示や調整を行うことはない。私の名前が省内の調整を進めるために使われているとしたら遺憾だ。

昨日、安倍首相は「今後、何か指摘があればその都度、真摯に説明責任を果たしてまいります」と述べていました。ところが、自民党は閉会中の審議を拒否し、十分な説明責任を果たす意思が見えません。

内部文書を「怪文書」とごまかす政府(自民、公明)であり、今回の文書が不正確なものかどうかを徹底的に調べる必要があります。萩生田副長官は、著しく正確性を欠いた文書と言っていますが、東大、京大など最高学府を卒業したエリートが記録をしており、多少の誤解はあったとしても、ほぼ正確に内容が記載されていると見るのが適当だと思います。官僚の習性では、責任を取らされないよう、間違わないことに最大限の意識を働かせます。

この問題で事実を明らかにするには、中立的で独立した第3者による調査が不可欠です。10月21日の会議に、参加していた参加者全員から、萩生田副長官の発言内容について、聞き取りをすれば、概ねの事実は明らかになるのではないでしょうか。担当者が、記録を正確に取るため、録音していることも十分考えられます。
併せて、国会閉会中の集中審議、前川前事務次官、萩生田官房副長官の証人喚問が必要です。

それが、安部総理の言う「真摯に説明責任を果たす」ことに繋がるのだと思います。