オンブズ尼崎主催「尼崎市議会の改革ってどーなの?」終了2017-09-17 10:54

 昨日は、台風が迫ってきているにもかかわらず、たくさんの方にご参加いただき、ありがとうございました。

 議会事務局からは、本会議・予算特別委員会でのインターネット中継の実施、議員期末手当の5%減額、議会基本条例の制定、政務活動費領収書のインターネットによる公開、決算・予算の審査体制の見直しなどの議会改革を行ってきたなどが報告されました。

 私が尼崎市議会にいた頃は、全国でもトップレベルの改革が出来たと思っていたのですが、早稲田マニフェスト研究者の2016年度議会改革度調査(48市中26位)や2017年全国市民オンブズマン連絡会議政務活動費公開度ランキング(48市中30位)では知らない間に、真ん中より下の位置に来ています。

 自民党系の古参議員が何人か落選し、抵抗勢力の力が大きく落ちた今任期は、改革の絶好のチャンスです。しかし、議会がスタートとして3ヶ月も経っているにもかかわらず、どの会派からも議会改革検討委員会を設置することやまとまった議会改革の提案は無いようです。市民の側から、いろいろと提案をしていくしかないのでしょうか。

 ちなみに、市民オンブズ尼崎は、今回の尼崎市議会に「議会報告会の開催」を求める陳情書を提出しています。「共産党系の団体が出した陳情だから」、「オンブズが出した陳情だから」など、提案内容ではなく、どの団体が陳情を出したかで、陳情の処理を決める傾向のある会派もあるのですが、少しはまともな議会に変わったのか、しっかり見届けていきたいと思います。

フリースクールを訪問 不登校対策で意見交換2017-09-13 19:21

 今日、尼崎市名神町にある創伸館という塾兼フリースクールに行ってきました。
9~15時までフリースクール。夕方以降は塾という運営をしています。代表の兼本盛広さん、杭瀬校塾長の古島俊明さん、一時不登校で学校に通い始めたお子さんを持つお母さんからお話しを伺いました。
 兼本さんからは、フリースクールにおける学習などの運営内容と共に、「子どもたちの成長をもう少し長いスパンで見て欲しい」「フリースクールに来て1年くらいで学校に戻っていく子も多い」「不登校を放置するのではなく、フリースクールも選択肢として、保護者や子どもたちに情報提供して欲しい」などのお話しを伺いました。
 不登校の子を持つお母さんからは、学校や担任から教育委員会などの支援情報が十分に提供されず、選択肢を自分たちで探すしかない状態であるとの話もありました。
 
 押しつけではなく、子どもの学びを大切にする教育や少人数でのクラス運営など、国レベルで大きく転換していかないといけない問題もありますが、不登校対策マニュアルを各学校、先生に手渡すことや、フリースクールを含めた支援情報を一元的に、保護者などにも情報提供する必要性を感じます。

 尼崎市周辺で、お子さんが不登校で困っている方は、創伸館で行っている「不登校deカフェ」で気軽に相談してみて下さい。

創伸館
https://www.facebook.com/470379346446650/photos/a.541696412648276.1073741828.470379346446650/907911839360063/?type=3&theater

不登校をプラスにdeカフェ 参加者募集中2017-09-06 11:22

尼崎市で不登校の保護者を対象にした交流の場が開催されます。
私も見学に行き、不登校対策について、学ばせていただこうと考えています。
① 9月13日(水)午後1時~3時
② 9月27日(水)午後1時~3時
創伸館
① 名神町3丁目9-24古川ビル202    06-6480-5971
② 杭瀬北新町2丁目1-17メゾン松村2F 06-6489-2632
対象 不登校児童、生徒の保護者
先着 各10人
主催 アナザールート

市民オンブズ尼崎 市議会に「議会報告会の開催を求める陳情書」を提出2017-09-01 09:26

 先日、山崎市議と共に宝塚市の議会報告会を傍聴しましたが、議員が議案の内容、賛否、議案の賛成意見、反対意見などが報告した後、市民からの質問に、議員が一つひとつ丁寧に回答していました。議会として、最優先で取り組むべきことだと思います。

陳情書概要
 早稲田マニュフェスト研究所が、毎年、議会改革度を公開しています。議会報告会の開催状況、議案の採決対応の公表の仕方(会派毎、議員毎など)、政策型議員提案条例の件数などが評価項目です。
 2016年度の評価において、尼崎市議会の改革度ランキングは48市中26位で、その内訳として、情報共有は23位、住民参加27位、機能強化19位という結果になりました。2015年度の評価も26位です。
 細かな評価内容はわかりませんが、尼崎市議会においては、市民向けの議会報告会が実施されておらず、それも大きく影響したのではないかと考えられます。
 ちなみにオンブズメンバーが今年度行った調査では、阪神間において、伊丹市、宝塚市、芦屋市議会では議会報告会が実施されており、尼崎市議会と西宮市議会では、議会報告会は実施されていません。川西市議会は検討中です。

 どのような議案が提出され、どのような議論がされ議案が採決されたのか、市民は大きな関心があります。議員の方も、議案の賛成、反対だけが市民の中で拡がっていくのは、好ましくないと考えているのではないでしょうか。賛成するにしても、反対するにしても、合理的な意見が存在すると思います。それを市民に説明する絶好の機会にもなります。

陳情項目
 尼崎市議会において、議会報告会を開催すること。

「小中学校修学旅行で入札(見積もり合わせ)の実施を」2017-09-01 09:02

8月30日丸尾から尼崎市教委への以下の申し入れを行いました。
・修学旅行の契約については、必ず見積もり合わせを行うこと。
・関係資料については、一定期間保存すること。

 2013~15年度の尼崎市内の小中学校の修学旅行の契約状況等を情報公開請求しました。小学校においては、見積もり合わせが行われていない状況が一般的なようです。2015年度分の資料を見ると、小学校41校中32校において、見積金額のわかる資料が存在していませんでした。また、2015年度に実際に見積もり合わせを行っていたのは4校だけでした。別途確認した2016年度についても、見積もり合わせを行ったのは3校でした。
 中学校においても、2015年度の資料を見ると、17校中11校において、見積もり合わせの資料が存在していませんでした。中学校は14校が見積もり合わせを行っており、見積もり合わせを行っていなかったのが3校でした。2016年度についても、見積もり合わせを行っていたのは3校でした。
 子どもの貧困問題が取りざたされる中、学校での修学旅行代などの契約方法等についても点検し、少しでも安価で質が高いものにする必要があります。また、旅行業者と学校との変な癒着を生まないためにも、見積もり合わせを実施することが必要だと考えます。

 申し入れ後、尼崎市教委学校教育課から、既に今年度から見積もり合わせを行うよう指示を出していること、資料は5年間保存する方向で検討していることなどの回答をもらいました。