「LGBT自治体議員連盟2017夏の研修会」に参加 「命を守るための取り組みを」2017-07-29 12:47

2015年に電通がLGBT(レズ、ゲイ、バイシェクシャル(両性愛者)、トランスジェンダー(心と体の性が不一致))などの性的少数者がどれくらいいるのかを調査をし、7.6%存在すると発表しました。
研修会では、電通調査の内訳は、L0.5%、G0.9%、B1.7%、T0.7%、その他3.8%心の性がはっきり決まらない人など)と報告もありましたが、純粋なLGBTだけで約4%存在することになります。
単純化すると100人いれば4人はLGBTであり、40人定員の学校のクラスには1~2人のLGBTの生徒がいることになります。
LGBTは病気や障害ではなく、生まれながらに持っている心の性なので、変えることはできません。

東京都世田谷区議会では、LGBT当事者の上川あやさん(男性として生まれ現在は女性として活躍)が登場し、LGBT支援策が全国で進んでいくことになりました。
国の取り組みとしては、戸籍の性別変更が可能になり、自治体においては、公的書類の不要な性別欄の記載削除、性的少数者を対象とした相談、学習会などを行うコミュニティスペースの設置、婚姻と同等の関係を証明するパートナーシップ証明書発行(札幌市、渋谷区、世田谷区、三重県伊賀市、宝塚市、那覇市)、職員研修、同性カップルの公営住宅への入居などが行われています。パートナーシップ証明書は、現在までに全国で約110組に発行されています。
 LGBT当事者は、誰にも言えず孤立していることが少なくなく、約7割が自殺を考えたことがあるとの報告もあります。

 兵庫県での取り組みとしては、性的少数者への配慮を校内研修資料や人権啓発テキストに記載するなど、啓発で少し前に進みつつある状況です。
 性的少数者が、思っているほど少数ではないことを認識しつつ、命に関わる問題であることから、相談や学校現場での対応の充実など、しっかり取り組みを進めていかなければいけない分野です。

国連人権理事会
「性的指向や性同一性障害は、扱いが難しい、微妙な問題であると言う人たちがいます。その気持ちはわかります。実際、私も若い頃、成長する過程で、同世代の多くの人たちと同じく、そうした問題について話をしたことはありませんでした。しかし、私は声を上げることを学びました。それは生命に関わる問題だからです。あらゆる場所で、あらゆる人権を守ることが、国連憲章と世界人権宣言によって私たちに課せられた責務だからです。」(2012年3月7日国連事務総長演説 兵庫県校内研修資料より)

写真は、上川あや世田谷区議、LGBT議員連盟世話人で、ゲイであることを公表している石川大我豊島区議、前田邦博文京区議、石坂わたる中野区議

尼崎市立中校長「中学校だより」 他校記事を無断転載 「下手でも自分の言葉で」2017-03-30 16:58

校長先生が作成する「中学校だより」について、ある中学校の校長先生が無断転載していると連絡がありました。
実物の中学校だよりと転載された他校の中学校だよりを入手し、記事を転載された学校に連絡を入れ、当該中学校の校長先生にも話を聞き、3号分の記事が無断転載であることを確認しました。

昨年発行された転載記事の一部です。
一つ目は、「常に目的意識を持って行動する人になってほしい」
二つ目は、「自分に責任を持てる大人になってほしい」
三つ目は、「常に感謝する気持ちを忘れないでほしい」
これはHP上に紹介されている埼玉県川越市の中学校長の卒業式の式辞を、そのまま無断転載したものでした。

その他にも、今年2月27日に発行された「大人を見ている子どもたち」という記事があります。
「先日、通勤途上の交差点で信号待ちしていた時に・・・。~中略~ 自転車に乗った若い女性が信号無視し、女子中学生たちも信号無視して道路を横断し始めたのです。・・・私たち大人は、子どもの前ではよき手本を示していきましょう。」と保護者や地域の方向けに発信されたメッセージです。
これも埼玉県三郷市の中学校の学校だよりを無断転載したものでした。自分が経験していない体験談を無断転載するのは、さすがにやり過ぎです。
他にも、「和顔愛語」「光陰矢のごとし」というタイトルをつけた無断転載の記事がありました。

そこで、本日30日、尼崎市教委教育長、兵庫県教委教育長宛に、申し入れ書を提出し、「校長の厳重注意、生徒・保護者向けに経緯の説明とお詫びの文章を配布すること、校長・教頭の研修において、著作権・肖像権などの取り扱いに留意するよう伝えることなど」を求めました。

文章は上手く無くても、思いを込めた文章であれば、子どもたちに伝わります。まずは大人が手本を示していきましょう。

高額な学校制服 ひと工夫と学校内でのリサイクルを2016-09-18 11:50

 市議を通し尼崎市教育委員会に依頼し、不定期に尼崎市立中学校の制服等や市立小学校の体操服等の値段について、情報提供してもらっています。

 2016年度は、中学生男子は一式揃えると50,830円~77,140円、女子は56,530円~79,950円になることがわかりました。

 学校側は、制服などの形や色を変えることで、学校間の区別をすることを目的としています。しかし、保護者負担については、あまり考慮されていないように思います。

 学校の区別をつけるために、全ての学校の制服を別々に作る必要はあるのでしょうか。

 市内の学校の制服の生地、デザインは統一し、学校の校章のワッペンだけを変えることも可能です。ブレザーなどの場合は、ネクタイ(タイ)の色を変えることで対応することもできるでしょう。スケールメリットを働かせ、制服の値段を下げることは可能ではないでしょうか。

  以前に子どもの制服を取りに行った時に、カバンを各校同じデザインにし、印刷される校章だけ変えれば、値段は安くできるのか聞いたところ、お店の人は「安くできます」と言われていました。

 体操服や体育館シューズなど室内で身につけるものは、学校外で利用することは少ないので、全校統一したものでも、大きな問題は起こらないのではないでしょうか。市販のものを使えるようにするのも一案です。

 まずは、各学校における制服などの値段を公表することから始め、校長会などで協議を行い、制服等のあり方について、議論がスタートできればと思います。

 子どもの貧困問題が、社会問題化する中で、できる取り組みを一つずつ前に進めたいものです。

 なお、PTAや学校が制服のリサイクルをすることも可能であり、その取り組みはPTAとして進めるべきでしょう。

柔道事故対策 ヘッドサポーターの着用を2016-08-30 12:32

名古屋大学大学院准教授の内田良さんの報告によると、1983年から2016年2月まで、学校の部活や授業で、120名が亡くなっています。
兵庫県においても、2005(H17)年に県立高校での部活動中に、頭部を打って死亡した事例があります。
2014年度の中学校の授業中における柔道事故の医療費支給件数は、全国3967件、兵庫県234件(全国第4位)、骨折件数は全国1263件、兵庫県79件(全国第4位)です。

 その対策として、ヘッドサポーターの着用等が考えられます。私の議会における質問を見た和歌山県の弁護士さんから、一部の警察署でヘッドサポーターをつけて練習していることを教えていただき、ヘッドサポーターを郵送して下さいました。

 これを付ければ、頭部の重大な怪我はかなり防げそうです。柔道着に肩パットを装着すれば、肩や鎖骨の骨折も防げるのではないでしょうか。

今まで十分な対策が取られなかった柔道事故対策を、前に進めることができればと思います。

県立特別支援学校における学校給食の異物混入対策の強化を求める申し入れ書2016-07-21 09:59

2016年7月20日
兵庫県教育委員会教育長 高井芳朗 様
兵庫県議会議員 丸尾 牧

県立特別支援学校における学校給食の異物混入対策の強化を求める申し入れ書
                                 
 昨年10月に神戸市の中学校給食における異物混入問題が明らかになって以降、私は、兵庫県下の基礎自治体における2014年度の小学校学校給食の異物混入事例について、情報公開請求してきました。その内容ですが、緑の党ひょうごとして調査をした神戸市(123件)を含め、小学校給食での異物混入は13市で503件になりました。その中には、毛髪や虫だけではなく、ホッチキスの芯、釘(以上 神戸市)、缶の切れ端(西宮市)、壁の塗装片(尼崎市、加古川市)、絆創膏(宝塚市)、チューインガム(川西市)、特殊ねじ(三田市)など極めて問題のあるものもありました。
 その様な状況の中、私は、各自治体に対し、衛生管理の徹底と異物混入マニュアルの作成、異物混入状況の公表等を求め、それに沿う形で対応を取るところも出てきています。
 また、昨年12月の県議会において、私はこの問題を取り上げ、高井教育長から市町に対して「衛生管理の周知徹底、異物混入対応のルール作りの促進、市町の異物混入公表時に県への報告」等を要請する旨、答弁があり、その方針に沿って、2016年3月17日に、高井教育長から市町教育長宛に、通知が出されました。

 ところで、私はこの6月に県立特別支援学校の学校給食における異物混入の状況を確認するため、県教委に情報公開請求を行いました。
 その結果、2014年度は、6月30日神戸特別支援学校において、ゴキブリの幼虫が「ほうれん草のごまあえ」に混入した事例1件のみの報告。保護者には、「ごまあえ」に昆虫が混入したと報告。
 2015年度は、4月1日から11月30日までの数字ですが、毛髪7件、繊維4件、ビニール片3件、紙片2件、虫1件、金属片(たわし)1件、たわし欠片1件、木片1件、不明1件の計21件の報告がありました。
 但し、県内各市において、ほぼ整理がされている異物混入状況について、県立特別支援学校では、2014年度は全校では整理しておらず、2015年度は11月末までの整理しかしていませんでした。
 昨年12月の私の県議会における県内基礎自治体における学校給食の異物混入防止策に関する質疑もあり、今年3月17日、県教委として、衛生管理の徹底のために、異物混入事案対応策を整理すると共に、各県立特別支援学校に、異物混入状況の報告や対応策等について提出してもらうようにしました。それは、大きな前進だと思います。その上で、下記の点についても、ご留意いただければ幸いです。

申し入れ事項
・異物混入状況の報告だけに終わらせず、対策を県立特別支援学校全体で共有するなど、今まで以上に衛生管理の徹底を図ること。
・2015年度の後半(11月~3月)の異物混入状況の確認と対策などを公表し、再発防止に活かすこと。
・宝塚市の学校給食異物混入対応マニュアルなどを参考にし、県立学校の給食における異物混入事案対応策の充実を図っていくこと。                                          
                                     以上
神戸新聞記事
https://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201607/0009303759.shtml