貧困対策の底辺を支えてきたフードバンク関西からSOS2017-04-05 16:59

「事務所兼倉庫を探しています」 

以下フードバンク関西メンバーからのメッセージ
フードバンク関西は、2005年より商品としては扱えないが。食べ物として問題のない余剰食品を無償で引き取り支援を必要とする人たちを支える非営利の福祉団体や施設などに、月1回~3回、約70人のボランティアの手で運び無償で分配をする事業をしています。企業や個人の皆様よりいただいた食品は年間200トンほどになります。現在、企業団体数は約40団体、その食品を阪神間を中心に地域の児童養護、障碍者自立支援、母子生活支援、高齢者支援、ホームレス支援、など約100か所に分配し、1月当たり約6000人の人達に利用していただいています。2012年よりフードバンクで取り扱っている食品を利用して一時的に困窮状態になった個人や世帯に緊急の食支援「食のセフテーネット」を行政と協働して開始しました。現在、尼崎市、西宮市、芦屋市、伊丹市、宝塚市、川西市、神戸市、等の市で去年は237件と支援件数が増えていくと思われます。子供の貧困が6人に1人と云われるなかフードバンクも「子ども食堂」支援を始めました。今年の2月21日に「兵庫子ども食堂ネットワーク」立ち上げ子ども食堂の普及と持続的、、安定的な運営を支えるため情報の交換やノウハウを共有を目指す取り組みを始めました。
フードバンク関西の事業の継続は今や不可欠となりつつあります。
しかし現在の倉庫事務所は手狭になり、移転が避けられなくなりました。

50坪以上、コストコ尼崎コストコ神戸の間で公共交通機関より15分ぐらい、冷凍庫、冷蔵庫の設置が可能、食品の搬入搬出仕分け作業、事務所等が使える処、できれば幹線道路の近く、家賃は20万位が希望です。

認定特定非営利活動法人フードバンク関西
芦屋市呉川町1-15
TEL/FAX 0797-34-8330
e-mail foodbank05@yahoo.co.jp
URL http://foodbankkansai.org/

性犯罪の根絶と被害者支援の充実を2017-03-11 16:31

兵庫県 性被害ケアセンター4月開設

 2015年兵庫県の性犯罪認知件数は467件、検挙は250件。なかなか性犯罪が減りません。そこで、兵庫県では、政府の動きに連動し、性犯罪ケアセンター(仮称)を設置することを決めました。私も、性犯罪被害者の支援の予算要望等しており、取り組みが一歩前に進みます。

 兵庫県では、以前から民間団体が運営する「性暴力被害者支援センター」があり、被害者の相談や病院への付き添い、緊急避妊パックの提供などを行ってきました。

 性被害ケアセンターにおいても、緊急避妊薬の提供、性感染検査薬、人口妊娠中絶料等の医療費も公費負担する方向です。

涙ながらに読んだ「112日間のママ」 清水健基金の応援を2017-01-29 14:18

 兵庫県議会の大騒動中に、読売テレビ記者から「かんさい情報ネットten.」の特集番組への出演依頼があり、2014年9月25日のtenにコメンテーターの一人として、出演しました。
本番のスタジオには、司会の清水健さんがおられ、簡単な挨拶の後、特集コーナーがスタートしました。恥ずかしながら、私は清水さんのことを知らず、小気味はよかったのですが、単調なしゃべり口調で感情が読めず、あまり良い印象は持ちませんでした。
 今から考えると、妻の癌が発見され、闘病中でもあり、随分しんどい思いをしていた時期だったのかもしれません。 

 先日、次の会合場所に早く着いたことから、時間調整で古本屋に入り、そこで「112日間のママ」に出会いました。一緒にテレビに出ていた清水さんが書いているからと、いつか読みたいと思っていた本でもありました。

 妻の清水奈緒さんの妊娠がわかった後に、奈緒さんに進行の早い乳がんが見つかり、治療に専念し堕胎するか出産するかを迫られ、可能な範囲での治療を行い出産することを選択しました。
 出産後、癌の転移が見つかり、奈緒さんは出産後112日目に亡くなりました。

最後のあとがきの一部です。
奈緒へ
元気ですか。こっちは多くの人に力を借りながら、何とかやっています。
中略
悲しいけど、こんなにも人が温かいことも知りました。
こんなことを言うのはイヤです。今でもそばにいて欲しいから。でもほんまに「頑張った」な、奈緒。最後に奈緒は「ママ」です。唯一の最高のママです。必ず俺たち2人の子を守ってみせます。その手を絶対に離さない。
ありがとな、奈緒。
ほんま、ありがとう。
これからも「3人」で生きていくパパより

清水健さんは、2日前の1月27日にten.を降板し、31日に読売テレビを退社する予定です。今後は、本人が代表理事を務めている清水健基金で、講演会活動も行いながら、入院施設の充実やがん撲滅、難病対策等の支援を行っていく予定です。

今年の初仕事は「子ども食堂」見学!2017-01-04 19:20

 今日は、コープ神戸園田店の集会室で行われている「みんなでお昼ご飯会」のお手伝いと見学をして来ました。

 ここは、社協の地域福祉専門委員とも連携し、コープサークルの人たちが中心となって運営しています。小学校のPTA会長もボランティアとして参加しており、学校にも「ご飯会」の案内を配布することができているようです。

 ここは、人と場の条件が一定揃っていますが、子どもたちとボランティアに「子ども食堂」に、継続的に参加してもらうためには、それなりの工夫が必要だなと感じました。
 
大人参加費300円、小中学生は無料。高齢者を含め誰でもが参加可能です。
食材は、賞味期限内で、コープ園田店店内から下げられた食材を中心に活用していました。

 あいにく、子どもたちは数名の参加でしたが、学校給食の無い年末年始にも子ども食堂を開設していただけるのはありがたいことです。

今年も「子ども食堂」が各地に出来、子どもたちの食と学びの支援が拡がればと思います。

もちろん、格差を是正する政府の積極的取り組みが重要なのは、言うまでもありません。

高齢者医療費負担増と子ども医療費無料化2016-12-02 10:38

 厚労省が、医療保険制度の見直し案を示しました。高額所得者の負担増は止むを得ないと思いますが、住民税非課税世帯を除き年収370万円未満の低所得者の高額療養費の限度額も引き上げられます。医療費の増大が背景にあるのですが、格差の拡大に追い打ちをかけるもので、大きな疑問が残ります。

 一方で、地方自治体においては、自治体財政を活用し、子どもの医療費の無料化が進められています。全ての子どもたちが医療にかかれるように、低所得者や重病である子どもの医療費負担の軽減を図ることには賛成です。

 しかし、一律に無料化というのは、受診機会が増え医療費を押し上げることにもつながりますし、投薬や検査で、必要以上に子どもの体に負荷をかけることにもつながる可能性があります。負担は軽く、でも一部負担することで、本当に医師にかかり投薬の必要があるのか、考えるきっかけになるのではないでしょうか。

 高齢者医療費も子ども医療費も、国の大きな財布ということを考えると、連動するものです。医療費全体が増大して行く中、ジェネリック医薬品の活用などもしながら、どちらも大きな負担増にならないよう、バランスを取りながら運営していく必要があります。