東日本大震災から7年 なお7万人超の避難者 復興に全力を2018-03-11 14:41

東日本大震災から7年が経ちました。地震で約1万6千人が亡くなり、約2500人が行方不明のまま。震災関連死で約3600名が亡くなりました。今年2月現在で避難者は約7万3千人。

原発事故の問題が絡んでいたり、高台を作ってから住居移転するなど、復興まで時間がかかるのはわかるのですが、それにしても時間がかかりすぎです。阪神・淡路大震災の時も、仮設住宅は、夏は暑く、冬は寒く、隣の部屋の音が常に聞こえ、大変な生活だったことが思い出されます。

改めて、全国の高速道路建設などの公共事業を抑制してでも、東北の復興に力と人とお金を集中するべきだと思います。

X国との緊張関係を煽る弾道ミサイル避難訓練は必要か?2018-01-26 22:47

1月17日尼崎市が震災の避難訓練と共に、弾道ミサイルの避難訓練を実施しました。
そもそもこのタイミングで、弾道ミサイルの避難訓練が必要だったのかどうか非常に疑問です。

X国からのミサイルは発射されてから10分程で日本に到達するため、避難訓練は、ほとんど意味をなしません。
ということは、弾道ミサイル避難訓練を要請した政府の意図は、北朝鮮との緊張関係を煽り、憲法改正に繋げたいということではないかとの想像が働きます。

また、X国が日本に壊滅的打撃を与えるために狙うのは、日本海にある原発です。その原発事故の避難訓練をする方が、現実的な選択です。

尼崎市をはじめ、弾道ミサイル避難訓練をしているところは、X国との緊張関係をいたずらに煽るのでは無く、緊張緩和のため、何もしないと言うことを含め、もう少し賢い選択をすべきだと思います。

阪神・淡路大震災から23年 東南海地震への備えを2018-01-17 17:56

 23年前、突然の大きな揺れ、何かが布団の上に次々と落ちてきて、私はこの世の終わりだと感じました。目を開けると、鉄の大きな本棚が私の頭のすぐ横に倒れており、少し倒れる位置がずれていたら、私も命を落としていたかもしれません。次々と落ちてきたのは、天井の一部では無く、本でした。今でもその時の記憶は鮮明に残っています。

 阪神淡路大震災では6000人を超える人が亡くなりましたが、次の東南海地震が迫ってきています。今後30年以内にM8~9クラスの地震が70%の確立で起こるようです。その備えは怠らず、今からしっかりしておきたいですね。

福岡県朝倉市の災害ボランティアに参加 松居一代さんともすれ違い2017-08-13 23:37

 昨日(8月12日)、7月の九州北部豪雨(30人死亡、行方不明2名)で、大きな被害を受けた福岡県朝倉市へ、災害ボランティアに行って来ました。

 朝倉市での生活は、この1か月でかなり落ち着いてきているようですが、流木が散乱しているところや土砂が積まれているところがいくつもあり、一部車が埋まったままになっているところもありました。

 ボランティアはチームに分かれ、依頼者の希望により家の泥だしなどを行いますが、私たちのチームは、倉庫の荷物の搬出と泥だし、机などの洗浄を行いました。私が参加したチームのメンバーは6名で、長野から来た親子、愛知からきた方など災害があれば全国各地に支援に行っているメンバーが多かったのですが、生意気にも私がリーダーをさせていただきました。
 
 まだ家の中など片付いていないところもあるようで、しばらくボランティアは続くとのこと。お互いに困った時に、それぞれができる形で助け合えればと思います。

 余談ですが、今話題の「松居一代さん」も朝倉市のボランティアに参加しており、私たちと一緒に説明を聞いていたとチームメンバーから聞きました。私は気付きませんでした。松居さんが広告塔になって発信していただき、ボランティアが増えればいいのですが。

朝倉市でのボランティアに備え 体力作り2017-08-10 09:43

天気が良ければ8月12日は、福岡県朝倉市のボランティアに入ろうと考えています。今も朝倉市などでは、ボランティアを受け入れ、水害による泥だしなどを行っています。

昨日は体力作りで約2km走り、腕立て伏せ、腹筋、背筋を鍛えました。今日は、膝に痛みがあります(苦笑)
暑さだけが心配ですが、とにかく頑張ってきます。