市民オンブズ尼崎 市議会に「議会報告会の開催を求める陳情書」を提出2017-09-01 09:26

 先日、山崎市議と共に宝塚市の議会報告会を傍聴しましたが、議員が議案の内容、賛否、議案の賛成意見、反対意見などが報告した後、市民からの質問に、議員が一つひとつ丁寧に回答していました。議会として、最優先で取り組むべきことだと思います。

陳情書概要
 早稲田マニュフェスト研究所が、毎年、議会改革度を公開しています。議会報告会の開催状況、議案の採決対応の公表の仕方(会派毎、議員毎など)、政策型議員提案条例の件数などが評価項目です。
 2016年度の評価において、尼崎市議会の改革度ランキングは48市中26位で、その内訳として、情報共有は23位、住民参加27位、機能強化19位という結果になりました。2015年度の評価も26位です。
 細かな評価内容はわかりませんが、尼崎市議会においては、市民向けの議会報告会が実施されておらず、それも大きく影響したのではないかと考えられます。
 ちなみにオンブズメンバーが今年度行った調査では、阪神間において、伊丹市、宝塚市、芦屋市議会では議会報告会が実施されており、尼崎市議会と西宮市議会では、議会報告会は実施されていません。川西市議会は検討中です。

 どのような議案が提出され、どのような議論がされ議案が採決されたのか、市民は大きな関心があります。議員の方も、議案の賛成、反対だけが市民の中で拡がっていくのは、好ましくないと考えているのではないでしょうか。賛成するにしても、反対するにしても、合理的な意見が存在すると思います。それを市民に説明する絶好の機会にもなります。

陳情項目
 尼崎市議会において、議会報告会を開催すること。

オトナテラコヤ vol. 74 議員をはかる「モノサシ」って?2016-09-03 10:16

オトナテラコヤ vol. 74 議員をはかる「モノサシ」って? 〜議員の仕事と役割について考える〜

ご参加いただきありがとうございました。

昨夜の話の内容(要約)です。

 議員が仕事をしても評価されないことから、イベントに顔を出し、顔と名前を売ることに、躍起になっています。政務活動費は、不正な支出は激減しましたが、本当に有効な調査活動等に使用されているのか疑問があります。

 議会を傍聴する、ネット中継を見る、議事録を見る、オンブズ発行の議員通信簿を参考にしてもいいでしょう。
 兵庫県議会HPなどでアップされている政務活動費の会計帳簿などを見て、他の議員と比較すると、議員の性格などがよくわかります。

 議員の仕事ぶりがキチンと評価されるようになると、議会が機能し始めるのではないかと考えています。

実効性のあるヘイトスピーチ対策条例の制定を2016-08-27 21:13

 昨日、へイトスピーチ対策の学習会に参加しました。ヘイトスピーチ解消法が出来、自治体でもヘイトスピーチ対策条例の制定等が求められます。その中で、ヘイトスピーチ等を行う団体が、公園や公共施設を利用する場合、その利用を中止できるかどうかが論点となっています。同条例を検討中の川崎市では、公共施設の利用を中止する方向で議論が進められています。

 東京弁護士会では、「人種差別的行為が行われることが客観的事実に照らして具体的かつ明らかに認められる場合は貸さなくてもよい」とのガイドラインを示しています。

 この問題に取り組む師岡康子弁護士は、人権差別撤廃条約に照らせば、人種差別行為が行われるのが明らかなのに、公共施設を貸し出すのは、条約の条項に違反するという見解を明らかにしています。

 各地で実効性のあるヘイトスピーチ対策条例の制定が求められます。

神戸市兵庫区中学生 スマホ利用ルールを決める2016-02-12 20:10

 神戸市兵庫区内の5中学校の生徒会が会議を開き、スマホの利用ルールを決めました。大人も会議に参加しているので、誘導した可能性がありますが、生徒会などで皆が話し合って自主的なルールを決めることは大切なことだと思います。
スマホ7つのルール
・小学生は21時まで、中学生は22時までにやめよう
・個人情報(名前や住所など)や写真を載せない
・悪口を書かない、載せない
・知らない人と会わない
・ながらスマホは禁止
・フィルタリングを活用しよう
・家族ルールをつくろう

怒りのエネルギーを被害者の親ではなく 自ら行動するエネルギーに2015-08-23 13:29

 私も寝屋川事件について、やり場のない怒りと悲しみを強く感じています。ただ、その事件への怒りのエネルギーが、犯人が逮捕されたことで、被害者の親に向かないかと心配しています。
 被害者の親は、今悲しみのどん底に突き落とされ、子どもをコントロールできなかったことに、誰よりも反省しているはずです。その親に対して、ネット上で、「親が悪い」とバッシングすることで状況が変わるとは思えません。悲嘆にくれる親を自殺にまで追いつめる可能性も考えられます。
 また、子どもを十分にコントロールできず、子どもが家を飛び出してしまう一触即発の状態の家庭も少なからずあると思いますが、被害者の親にスポットを当てることで個別の親の問題に止まってしまい皆が考えるきっかけを潰してしまう可能性もあります。
 自分のことを振り返っても、中学生になると、親の注意や干渉が煩わしくなり、同じことで繰り返し注意されると、家を飛び出したくなることもありました。
 その時に、友達と話して気持ちを落ち着かせたり、外に出たら近所のおじさん、おばさんに声をかけてもらったり、夜遊びを先生に見つかって家に連れ戻されるなど、いろんな理由で、自宅に止まる決心をした人も少なくないのではないでしょうか。
 親の側も、生活が困窮し夜の仕事にしか行けなかったり、日常に余裕がないことで子どもとのコミュニケーションが成り立たなくなったりといろいろな状況があると思います。
貧困の格差が是正され、生活に余裕が出てくれば、少し違う状況も生まれるのでしょうが、すぐに生活環境に変化が起こるものでもありません。
必要なのは、地域でのコミュニティーや人間関係を再構築するなど、子どもたちの周りに存在していたクッションを再生させることではないでしょうか。
 被害者の親に“怒り”の矛先を向けるのではなく、地域で子どもたちに「元気か!」「行ってらっしゃい」と声をかける方に、エネルギーを向けられればいいなと思っています。もちろん、今回の問題について、しっかりと検証し、再発防止のために、各地で議論が巻き起こることは大切だと考えています。