激安上海ツアー 中国の一部を垣間見る2018-04-02 21:11

3月30日から4月1日まで、2人で総額2.5万円という激安ツアー(1人分無料)に息子と行ってきました。上海の街は、以前にバスで街を通り過ぎたことはありますが、滞在するのは初めてです。

空港に着くと、地下鉄もあるのですが、リニアモーターカーに乗って、市街地に入りました。日本のように、人口減少社会の中で、新幹線を走らせ、飛行機が飛び、そこにリニアモーターカーを走らせるのは、自然も破壊し、採算上も成り立たないのではないかと思いますが、上海のように空港から市街地までのリニアモータカーの利用であれば、大きな赤字は出ないのかもしれません。但し、強烈な電磁波が出るイメージがあるので、そこは十分な対策が望まれます。

町中では、電動のオートバイが車道、歩道問わず走っており、かなり危険な状態です。車は静かなものが多く、ガソリン車も一部ありますが、電動自動車がかなり普及しているのではとの感想を持ちました。レンタル電動自転車が駅前など各所に置いており、日本より、レンタル自転車の普及は進んでいます。

大気環境が悪いと思ったのですが、町中で大気汚染の変な臭いがすることもなく、車やオートバイの電動化の影響が出てきているのかもしれません。

煙草については、あちこちで煙草を吸う人はいましたが、ホテルや入った飲食店などは全て禁煙。閉鎖された空間では吸わないというルールが確立しているのでしょうか。バーなどお酒が出るところがどうなのかは不明です。

社会の格差については、ランボルギーニカウンタックなどの超高級車が町中を走っている一方で、町には、物乞いをする人がチラホラおり、激しい格差を感じました。社会保障は充実していると思っていたのですが、障がい者福祉という分野は特に弱いのかもしれません。町で、物乞いをする方以外、障がいを持つ方と出会うことはありませんでした。私企業が増え、資本主義経済化が進み、大金持ちが出てくる一方、社会保障制度も変化しているようです。

FBやインスタグラムなどのSNSやヤフーの検索サイトなどが使用できませんでした。国が規制しているようです。息子の調べでは,中国内のSNSなどがあるようで、それらは自由に使えるようです。これも、他国から過剰に経済支配されない術なのでしょう。

テロ対策は徹底していました。リニアモーターカーや地下鉄に乗る時は,必ず日本の空港のように荷物をX線にかけ、銃器などを持ち込まないようチェックしていました。地下鉄構内にはガスマスクも設置されていました。

風邪がぶり返し、あまりいろんな場所には行けませんでしたが、興味深い上海旅行でした。

本を読み日野原さんが亡くなったことを実感2017-12-26 16:59

いのちを大切にすることは いのちを上手に使うこと
つまり君のもつ時間を
君のためだけではなく誰かのために使うこと

いじめは友達だちのもつ時間を奪い いのちを傷つけるもの
だからいじめは止めようよ

人間は弱いものだよ
死ぬのは僕でもこわいんだよ
自分のことはわからないから、一生かけて発見していくものだよ

検証委 「ニュース女子」重大な放送倫理違反があった2017-12-15 11:58

 放送倫理検証委員会は、TOKYO MXテレビの「ニュース女子」で、沖縄基地反対運動を紹介する番組を放送しましたが、裏付け不十分である内容が含まれ、重大な放送倫理違反があったと結論づけました。

 報道は、権力チェックはしっかり果たすべきですが、市民活動などについては、根拠不十分なものについて、一方的な決めつけはせず、その課題や背景などについて、市民1人1人が考えるきっかけになるよう作成していただきたいと思います。

以下、その概要です。

委員会の判断~重大な放送倫理違反があった
以上のとおり、本件放送に対するTOKYO MXの考査は、以下の6点から放送 倫理に照らして適正に行われたとは言えない。①抗議活動を行う側に対する取材の欠如を問題としなかった、②「救急車を止めた」との放送内容の裏付けを制作会社に確認しなかった、③「日当」という表現の裏付けの確認をしなかった、④「基地の外の」 とのスーパーを放置した、⑤侮蔑的表現のチェックを怠った、⑥完パケでの考査を行わなかった。 本件放送には複数の放送倫理上の問題が含まれており、そのような番組を適正な考査を行うことなく放送した点において、TOKYO MXには重大な放送倫理違反があったと委員会は判断する。

放送倫理・番組向上機構
https://www.bpo.gr.jp/?p=9335&meta_key=2017

最近は患者思いの医師と出会うことが少なくなりました2016-10-20 21:35

 昨日、少し歯が欠けたので、歯医者に埋めて欲しいと言うと、医師が「レントゲンを撮ろ」「歯全体のレントゲンも」と言われ、余分な医療被曝になるのですが、ここまでは医師のいうことを聞きました。歯が欠けたくらいで、痛みも全くなく、レントゲンは不要でしょうと思いながら。

 次に、「虫歯が深い可能性があるので、歯を削って、上に(金属?の)歯を被せましょう。」と言われたので、私が痛みも全く無いので「埋めるだけで大丈夫でしょう」と反論。

 しかし、医師は「保険外になって高くなる」など、何とか新たな歯を被せようと適当なことを言って来ます。
 私は、「少しでも歯を残したい」「歯を削るのは最小限にして」と言って、やっと医師は新たな歯を被せるのを断念しました。その他にも、「隣の歯も少し虫歯っぽいので、埋めてあるものを新しいものに入れ替えましょう」と提案して来たので、「結構です」と断りました。この医師に、患者の歯をできるだけ残そうという思いはなく、露骨にお金儲けに走っているように思います。

 昔は、歯が痛くなっても少し消毒するだけで、しばらく様子を見ましょうと言ってくれる医師がいました。すぐに歯を削ろうとはしません。1回の支払いも数百円。
 他科の医師を含め、最近は患者思いの気骨のある医師に出会うことが、少なくなりました。

大阪ダブル選挙 維新勝利 対話により2重行政、無駄の解消を2015-11-23 12:49

大阪ダブル選挙 維新勝利 対話により2重行政、無駄の解消を
 大阪ダブル選挙は、松井知事の再選、吉村新市長の誕生という結果になりました。
 大阪都構想が住民投票で否決されたのですが、その後の2重行政などを解消するための大阪戦略調整会議が前に進まなかったことも、今回の結果の背景としてはありそうです。
 とは言え、投票率が、前回より知事選は45.47%で7.41%下がり、市長選は50.51%で10.41%下がりました。その要因は、住民投票からの投票疲れや2重行政見直しの議論の停滞、橋下氏の行動・発言への批判、この間の福祉予算等のカット、大阪維新の会議員による公費不正使用の続出、国政で集団的自衛行使を共に推進する自民対維新の構図などで、投票に行かなかった人が少なからず出たのだと考えられます。
 一方で、閉塞的な状況や既得権益を打破して欲しいと願う市民、府民が相対多数を占めたことは確かです。維新対自民、共産などの構図が、既得権益を壊す側と守る側に見えてしまったようにも思います。自民党ではない知名度のある無所属改革派の候補者が出ていれば、面白い選挙になっていたのではないでしょうか。
 今後の議会運営ですが、府議会、市議会とも大阪維新の会は、過半数を握っておらず、単独の意思で大阪都構想の住民投票を行う事はできません。公明党が、政治的駆け引きなく、再度、住民投票に賛成するとも思えません。
 そう考えると都構想にこだわることなく2重行政の解消などにあたるのが、現実的な選択だと思います。それは、維新だけではなく全ての会派、議員が問われるものです。
 維新は、その手法を含め危うい政治団体だと思いますが、それを生み出したのは、改革マインドが低く、時代の流れについていけない既成政党であることは間違いありません。