市民と野党の合同街頭宣伝に参加2018-10-21 19:22

午前中の学習会後、午後からJR元町駅前(神戸市内)で、市民と野党の合同演説会があり、緑の党兵庫県本部を代表し、発言してきました。

私は「地球温暖化防止対策の推進、モリカケ問題真相解明、消費税増税ではなく無駄を徹底して無くし、所得税の累進制強化、環境税(炭素税)の創設などで対応を、憲法9条を守るべき」などと訴えました。

他に、立憲民主党の桜井周衆議院議員、共産党の宮本岳志衆議院議員、新社会党の粟原富夫神戸市議、上脇博之神戸学院大教授、羽柴修弁護士が発言しました。

コメント

_ 勝 ― 2018年10月27日 16:20

野党間で合同演説会の開催はいいことだと思います。
次会は国民民主党からの参加もあってほしいですね。

参議院の兵庫県選挙区は、自民、公明の与党と与党補完勢力である維新に独占されていますから、来年の選挙では野党が少なくとも2議席奪還しなければ、バランスの取れた状況にはならないと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2018/10/21/8979345/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。