兵庫県議会 政務活動費返還率34.8% 過去最高2017-07-04 10:27

〇政務活動費を有効に使わせるために
・県民に議員活動を評価できる情報の提供が必要 
・政務活動費支出の議員通信簿作成も有効

 2016年度の県議会の政務活動費の収支報告書が公開されました。それによると、2016年度分の政活費の返還率は、34.8%で前年度を1%上回り過去最高になりました。年度後半は選挙直前であり、政活費が使いにくかった、使う間がなかったということも言えるでしょう。
 とは言いながら効率的に政活費が使われ始めたのは、よい傾向です。但し、87人中8人(自民6人、ひょうご県民連合2人)の議員が、個人分の政活費を全額使い切っていることには、少し疑問も残ります。過去から山ほどの政活費の支出を見てきましたが、政活費を効果的に使っている事例をあまり見たことがありません。
 一方で、会派分は使いながら、議員分は100%返還している議員も4人(自民1人、維新3人)いますが、これで県当局に対抗して十分な調査が出来ているのか、疑問もあります。
 どちらにしても、1件ごとの政活費の支出内容が有効な使い方だったのかどうか評価していく必要性を感じています。併せて、議員の発言回数・内容、提案回数・内容などを議会白書としてまとめ、県民が議員活動を評価できるように情報提供する必要性を感じています。

 ちなみに私への政務活動費の交付額は年540万円で、支出は、会派分(年12万円)は使わず、議員分約81万円を使いました。返還額は約459万円。返還率は約85%です。学校・保育所給食異物混入調査、兵庫県内への福島県避難者住宅状況調査などの調査研究費、学習会参加などの研修費、全国の地方新聞掲載の機関紙などの購入などに使っています。
 広報紙代も一部支出していましたが、昨年度は尼崎市議選前であったことなどから、全額自費で支出しました。そのため、資金が足りず発行部数が約40%減少しました。

皆さんも2016年度兵庫県議会政務活動費の支出状況をご覧ください。

県議会HP
http://www.hyogokengikai.jp/account/report_H28.html

コメント

_ 勝 ― 2017年09月09日 18:50

私の地元では、自民党ベテラン議員、民進党を離党したひょうご・県民連合の女性県議が県政報告のチラシを配布していますが、カラーの光沢紙に写真をふんだんに使った見た目はきれいなものですが、内容が乏しく、これを税金である政務活動費から発行するのはいかがなものかと思います。
地元市議会の会派が同じようなチラシを配布しているので、県議会議員も危機感があるのかもしれませんが、県政報告(中身は確かに報告ですが内容は乏しい)を発行すれば次の選挙も当選できる、と安易に考えている姿勢が見え見えです。
政務活動費で市政報告を発行できない自治体の議員は、議員報酬からチラシを発行するため、必然的にモノクロA4コピー紙での報告を配っています。そして、本当に市民伝えたいことがあって発行したい議員だけが発行しています。

くだらない県政・市政報告の発行は、市民・県民税が原資である政務活動費の無駄遣いだけでなく、インクや紙といった限りある資源の無駄遣いでもあります。

緑の党として、そういった観点から政務活動費の活動報告書への支出のあり方について検討されてみてはどうでしょうか?

_ 丸尾 牧 ― 2017年09月10日 13:12

大事な視点のご指摘ありがとうございます。支出額、通信の中身を評価しながら、よりよいものに変えて行ければと思います。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2017/07/04/8613268/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。