阪神・淡路大震災から23年 東南海地震への備えを2018-01-17 17:56

 23年前、突然の大きな揺れ、何かが布団の上に次々と落ちてきて、私はこの世の終わりだと感じました。目を開けると、鉄の大きな本棚が私の頭のすぐ横に倒れており、少し倒れる位置がずれていたら、私も命を落としていたかもしれません。次々と落ちてきたのは、天井の一部では無く、本でした。今でもその時の記憶は鮮明に残っています。

 阪神淡路大震災では6000人を超える人が亡くなりましたが、次の東南海地震が迫ってきています。今後30年以内にM8~9クラスの地震が70%の確立で起こるようです。その備えは怠らず、今からしっかりしておきたいですね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2018/01/17/8771331/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。