県議会で報告 「特定外来生物『ヒアリ』にご注意」2017-06-19 19:49

今日の兵庫県議会農政環境常任委員会で報告されました。
5月26日尼崎市において、コンテナから積荷を取り出す際に、南米に生息し、強い毒を持つ「ヒアリ」が、国内で初めて発見されました。
6月16日神戸市ポートアイランドのコンテナヤードで、舗装面の亀裂にヒアリが生息していることが確認されました。集中的な殺虫剤による緊急防除で、その場所のヒアリは全滅したようです。その近くでは、今のところ生息は確認されておらず、環境省の調査において、尼崎市でも、生息は確認できていないようです。
但し、環境省によると、「世界では北米や中国、フィリピン、台湾等にも外来生物として侵入・定着しており、世界各地で大きな問題となっています。」と伝えており、近い将来、侵入・定着する可能性は低くないのではないでしょうか。

ヒアリは、赤茶色の小型のありで、腹部は黒っぽい赤色。体長は2.5mmから6mm。土でアリ塚を作って住みます。
刺されると火傷のような激しい痛みが生じ、毒性が強く、アレルギー症状により死に至ることもあるようです。

神戸市からは以下のような呼びかけがあります。
〇もし、「ヒアリ」を見つけたら?
「ヒアリ」は強い毒性を持つため、生きた個体を素手で触らないで下さい。なお、個体については、市販のアリ用殺虫剤で駆除が可能です。
〇もし、「ヒアリ」に刺されたら?
・刺された直後は20~30分程度は安静にして、体調に変化がないか注意して下さい。
・容態が急変した時は、救急車を要請するなど、すぐに医療機関を受診して下さい。

環境省HP
http://www.env.go.jp/press/104185.html

萩生田官房長官関与を否定する新たなシナリオ作り2017-06-17 11:53

文科省から出てきた「総理のご意向」「官邸の最高レベルが言っている」と書かれた文書を菅官房長官などが「怪文書」などと言い放ちました。
文科省内で調査確認すると、それらの文章の多くが存在していたことを政府は認めました。
しかし、文科省は以下の文章の公表を控えています。
・義家副大臣レク概要(獣医学部新設)「萩生田副長官に聞いてみる」
・義家副大臣ご感触「萩生田内閣官房副長官にも話しをしたが、あまり反応がなかった」
・10/4義家副大臣レク概要「萩生田副長官のところに『ちゃんと調整してくれ』と言いにくい」
いずれの文章も萩生田副長官が関わっているものですが、これらの文書類が存在していることを考えると萩生田副長官が、今回の問題に深く関わっていることは間違いないのでしょう。萩生田副長官は、加計学園が関係する大学の客員教授を務めていたこともあり、利害関係者と見なすこともできます。

萩生田副長官が、加計学園が選定されるように「修正指示した」メールの存在を、政府は認めました。しかし、「職員が確認しないままに書いた」と政府関係者は、その内容は間違っていると主張しています。

公務員は責任感が強く、事実関係を確認しないままメールなどを出すこと考えられません。もしも推測であれば、推測と書くでしょう。
私には、今回の事例も、極めて幼稚なシナリオ作りだと思わざるを得ません。

ここで、この問題を幕引きさせず、真相解明をして行くことが必要です。但し、安倍首相を含め政府関係者については、文科省資料を「怪文書」だと虚偽の説明をし、内容を公にしようとしなかった前科があり、彼らに真相解明をさせることは不可能です。

第3者による調査機関を立ち上ると共に、国会においては、前川元文科相事務次官、萩生田官房副長官、メモを書いた文科省職員など証人喚問もしくは国会招致をし、真相究明をして行く必要があります。

日本は「経済は1流、政治は3流」と、過去に言われていましたが、今の政治は、3流どころか、失格に近い状況になっているのではないでしょうか。そしてそれを支えているのが、多くの無関心層であることは間違いありません。

共謀罪と加計学園と政府のおごり2017-06-16 09:34

 改正組織犯罪処罰法が成立しました。新聞報道によると他の重要法案より審議時間がかなり短く、曖昧な答弁も多く、十分議論が尽くされたものとは思えません。

 加計学園の問題についても、「総理の意向」と記された文書が存在していたかどうか、やっとその一部の確認が終わりました。よくここまでシラを切り続けたなと、呆れてしまいます。

 共謀罪の採決に合わせ文書の調査結果を公表することで、マスコミの焦点を合わせないようにし、会期末に公表し、追及の手から逃れようという意図が透けて見えます。

 この政府には、支持率低下というお灸を据えなければ、いつまで経ってもおごり高ぶる姿勢が変わらないように思います。

兵庫県版森友学園か?まともな説明をしない兵庫県2017-06-12 18:07

 今年3月の兵庫県議会に、兵庫県が兵庫県姫路港の港湾用地(約2万㎡)を民間に売却する議案が提案されました。売却相手は、現職県議が代表取締役をしている会社。
 いつもと同様の評価基準で、土地の売却先の企業を選定していればいいのですが、今回の基準の評価の仕方は、前回と若干変わったようです。その内容を県当局の担当者に聞いたのですが、担当者は「言えない」の一点張り。大きな項目の評価点は公表されていますが、それでは不十分です。そのため、止むを得ず私は、土地の売却議案に反対しました。
 そこで、私は審査資料などを情報公開請求したのですが、添付の写真にある通り、審査項目、配点基準、応募内容、得点などは真っ黒。
 これで、審査が妥当であったかどうか議会として、評価、判断することはできません。
情報公開の異議申し立てをしようかと考えています。

 知事選の準備をしている井戸知事は、兵庫県の閉鎖的な体質をどう考えているのでしょうか?

尼崎市議会 議員通信簿と尼崎市議選 結果表2017-06-10 17:16

ベスト7
                前回 今回  差
1位 須田 和(緑のかけはし)2308 3650 +1342  当選
2位 川崎敏美(共産党)   2141 2387 +246  当選
3位 真崎一子(共産党)   2850 3349 +499  当選
5位 徳田稔(共産党)    2088 2648 +560  当選
6位 松澤千鶴(共産党)   2874 2715 -159  当選
6位 酒井 一(緑のかけはし)2297 2315 +18   当選  

ワースト7
1位 寺本初己(新政会)    2914 1820 -1094  落選
2位 高岡一郎(新政会)   2816 1770 -1046  落選
3位 上村富昭(新政会)   3006  1422 -1584  落選
4位 寺坂美一(新政会)   2537  1888 -649   落選
5位 津田加寿男(新政会)  2353  1891 -462 落選
6位 上松圭三(新政会)   2581  2262 -319   当選
6位 長崎寛親(維新の会)  2543  1641 -902   落選