映画「日本と再生」 省エネ、再エネで脱原発、脱石炭を2018-02-19 20:19

 昨日、自然エネルギー推進が世界の潮流だと訴える「日本と再生」という映画を見ました。
価格面でも安全面でも環境面でも総合評価でも、自然エネルギーが有効なのは、明確だと思います。

 ただ産業としての自然エネルギー普及・促進も大事ですが、省エネが自然エネルギーを推進する以上に有効であり、特に先進国では、その取り組みに力を入れる必要があります。

 原発を推進する裏側には、核兵器を保有するという意図もあるのだと思いますが、そこまでは踏み込んだ映画ではありませんでした。

 1人1人の市民ができることとして、電力会社を変えることが有効です。原発を維持し、石炭火力を推進する関電などではなく、自然エネルギーを使用し、値段も安い他の電力会社に契約変更していきましょう。
原発や石炭火力を使わない電力会社
http://power-shift.org/ コープ電気http://denki.kobe.coop.or.jp/

 映画の中では、自分電力という会社が紹介されていました。自宅に無料で太陽光発電を設置し、そこから発電した電気と足りない電気を購入。20年経つと、その太陽光発電設備は無償で譲渡してくれるようです。なかなか面白い仕組みです。
http://www.jibunden.com/

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2018/02/19/8790824/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。