当て逃げ容疑 谷口県議釈明 説明は不十分2019-06-14 09:40

自民党会派を離脱した谷口俊介県議が、昨日マスコミに対し、当て逃げと弟を身代わり出頭させたことについて、状況説明したようです。

新聞報道では、スーパー駐車場の開閉バーの当て逃げ容疑について、「車に傷もなく、開閉バーも動いていたのでそのまま発信した」。犯人隠避教唆(犯人を隠すための指示をした)について、「警察から出頭要請があった後、弟から『僕が行くわ』と提案があり、簡単な事故報告でいいと思って任せた。(運転していたことを)隠そうという意図はなかった」と説明し、辞職の意思がないことも示したとのこと。

谷口議員の言い分が全て正しくても、当て逃げ容疑は、回避することは難しいでしょう。犯人隠避教唆について、弟が警察に出頭した時に「兄が運転していたが、簡単な事故報告でいいと思い、警察に来ました」と言っていれば、警察が犯人隠避教唆で書類送検することはなかったでしょう。警察と弟のやりとりの説明が必要です。

また、谷口議員の説明が事実なのであれば、なぜすぐに説明をしなかったのか、「弁護士に全て任せている」と説明を逃げたのかの説明がつきません。そこは谷口議員から改めての説明が必要だと思います。

もしも現時点で説明していることが、事実と異なるのであれば、あるいは検察が起訴をし、犯人隠避教唆について、有罪が確定したたのであれば、あるいは略式起訴をし、有罪を認めたのであれば、議会としては、辞職勧告する以外ないのではないでしょうか。

サンテレビ オンブズ申し入れの映像
https://www.youtube.com/watch?v=novTC8DGFlE

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2019/06/14/9086726/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。