県議会政務活動費の調査開始は2006年!政党は公開に抵抗!2019-03-12 12:30

兵庫県議会政務活動費が大問題になったのは、2014年ですが、実はそれより前の2006年から丸尾は県議会政務活動費問題をコツコツと調べ、オンブズと共に政務活動費約620万円の返還も勝ち取ってきました。

それらの動きと共に、非公開であった政務活動費の領収書の公開を粘り強く求め、やっと1円以上の領収書が公開されて、2年後に、政務活動費問題が大きく取り上げら、全国に改革が波及しました。

私たちにとって、政務活動費問題が大ブレークしたのは、偶然ではなく、改革をひとつひとつ進めて来た結果であり、必然だったと思っています。

ただ、この間の政務活動費領収書の情報公開請求を求める運動に対し、政党・会派はほとんど役に立たず、自民も、公明も、民主も抵抗勢力でしかありませんでした。後に民主、公明が崩れ、最後に自民が崩れるという良くあるパターンです。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2019/03/12/9046351/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。