県議会 議員のボーナス5年連続アップ案 可決2018-12-14 16:05

提案 自民、公明、ひょうご県民連合(国民・立憲民主他)
反対 維新、共産、丸尾、樫野、樽谷

以下、本日の私の反対討論です。
兵庫県人事委員会が、民間賃金と県職員の給与の差が0.02%で、民間給与の方が高いとの比較を出すと共に、期末手当が民間と比べ0.06か月分低く、職員の期末手当を0.05か月分アップする答申が出されました。

併せて、知事等特別職の期末手当の支給率は、国の特別職に準じて改正されており、議員についても、知事等特別職と同一の支給率とすることを基本にしており、今回期末手当0.05か月分年63800円を増額する提案がされました。この金額は、88万円の減額前の議員報酬から加算率1.45をかけて、0.05か月を掛ければ出て来る数字です。

県民には、0.05か月分増額と説明するのは、極めて不親切であり、現在の月84万円の議員報酬から考えると0.076か月になると説明すべきものです。年間予算は542万円(85人)増額。

今回の増額分は、職員の期末手当に当てはめると、勤勉手当部分のアップであり、県財政の厳しさと今任期が県議会全体で、政務活動費の不正使用問題を起こし、その再生のための4年間であることを考慮すると、期末手当のアップは自粛すべきものと思います。

本来、公選される特別職は、4年間の任期に同じ額で報酬等を受け取るという形が、有権者との約束として、相応しいものです。

また知事の役職加算率を見ると、現在12分の1カットしており、議員は知事よりも高い加算率を設定されていることになります。

もしも100歩譲って、期末手当をアップするのであれば、特別職等報酬審議会を開催し、その結論に沿って見直すべきでしょう。
ちなみに、新潟市においては、先日、特別職の期末手当等アップについて、特別職等報酬等審議会に諮問し、市民に受け入れられない等の理由で、金額の据え置きが決まりました。本県でも、審議会の審査を経るべきです。

以上のことから、議案提出第21号議案の議会の議員の議員報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例に、反対致します。

高専というシステムの足りないところ2018-12-17 09:28

高等専門学校(高専)を止めた人が、周りに少なからずいます。中学校では、学力がトップクラスの子が通っている事例が多いと思いますが、学校は大学の自由さと高校の学力を測る厳しさを兼ね備えています。自分で自分を律しないと、脱落していきます。そもそも、そういうシステムなので、それはそれで仕方ないのかもしれません。

ただ、その脱落した人を救う仕組みが弱いように感じました。A高校を途中でやめた場合、調整は必要だと思いますが、B高校に編入することが出来ます。

高専は、単位の取り方が異なることから、高専3年でやめた時に、高校1年に編入できるかもしれませんが、高校3年生に編入するのは難しく、高等学校卒業認定試験を受けるしか道がありません。それも卒業資格ではないため、その後、入った大学を中退すると、最終学歴は中卒ということになります。

高校卒業認定試験で単位が取れれば、それは高校の編入時の単位として認めるなど、もう少し柔軟な救済策が必要だと感じます。

そもそも学歴社会とは何なのか?という話にもなりそうですが、途中で行く方向を変えた子どもたちに、もう少し選択肢を提供してあげて欲しいと思います。

レディースサポート交番のご活用を!2018-12-18 15:27

24時間女性警察官が常駐し、ストーカー、DV、痴漢などの相談に応じています。尼崎市には、七松、武庫之荘、潮江、食満、中央、神戸市には、元町駅、垂水駅前、住吉駅前など。県内には、計27交番があります。


岡本、JR住吉駅前、八幡、三宮センター、夙川駅前、西宮中央、本郷、尼崎中央、武庫之荘、七松、潮江、食満、大久保駅前、加古川駅前、元町駅、御崎公園、新長田駅前、名谷中央、阪急伊丹駅前、被害加古川、姫路大手前、垂水駅前、ポートアイランド、谷上駅前、川西中央、宝塚駅前、今宿

オンブズ2団体 県議会政活費 広報紙代 返還求め提訴2018-12-26 17:55

本日、オンブズ尼崎、市民オンブズ西宮が、兵庫県議会政務活動費で作成された県政報告紙代約212万円の返還を求め、神戸地裁に提訴しました。

自民党2人、公明党4人を対象としたものですが、名前や顔写真を大きく掲載したり、本人の活動写真、一般的な挨拶、本人の活動写真などは、本人の宣伝であり、選挙活動や後援会活動に準ずるもので、公費支出は認められず、宣伝部分の面積に応じて公費の返還を求めました。

今年4月に神戸地裁で、尼崎市議会新政会、維新の会が発行する会派広報紙代約244万円の返還を求める判決が出ましたが、その基準に沿って、本件の返還額を求めました。尼崎市議会の事例は高裁で係争中。

オンブズ尼崎 稲村市長に市行政財改革について申入書提出2018-12-27 19:55

オンブズから市長に以下の項目を申し入れました。しっかり取り組んでもらいたいと思います。

○市長等特別職退職金の見直し 
○議会選出の審議会委員の無報酬化
○行政委員会委員報酬の一部日額化
○旅費の車賃の減額
○尼崎城の維持管理経費について市の持ち出しをしないこと
○住民投票条例の制定
○各種選挙実施日の見直し
○無作為抽出型の審議会委員の選定など