X国との緊張関係を煽る弾道ミサイル避難訓練は必要か?2018-01-26 22:47

1月17日尼崎市が震災の避難訓練と共に、弾道ミサイルの避難訓練を実施しました。
そもそもこのタイミングで、弾道ミサイルの避難訓練が必要だったのかどうか非常に疑問です。

X国からのミサイルは発射されてから10分程で日本に到達するため、避難訓練は、ほとんど意味をなしません。
ということは、弾道ミサイル避難訓練を要請した政府の意図は、北朝鮮との緊張関係を煽り、憲法改正に繋げたいということではないかとの想像が働きます。

また、X国が日本に壊滅的打撃を与えるために狙うのは、日本海にある原発です。その原発事故の避難訓練をする方が、現実的な選択です。

尼崎市をはじめ、弾道ミサイル避難訓練をしているところは、X国との緊張関係をいたずらに煽るのでは無く、緊張緩和のため、何もしないと言うことを含め、もう少し賢い選択をすべきだと思います。