県監査委員は議員選出を減らし 収用委員会は県議OBを外せ!2017-06-09 19:25

本日、知事から監査委員に県議2人(自民1、民進党系会派1)を選任同意する議案が提出され、「監査機能を向上させるために議員の監査委員を2人から1人(法律上1人は必要)に減らすよう求め」私と樫野議員だけが反対しました。

自民、公明、民進党系会派、維新、共産党は賛成しました。会派同士が慣れあっている典型的な事例です。ちなみに議会選出監査委員の報酬額は月9万9千円です。

公共事業などの時に土地を強制収容する時などに審査をする県収用委員会委員に、自民党会派県議OBを選任同意する議案も提出され、議会の中で私だけが反対しました。これも会派同士が慣れあっている事例です。

収用委員会委員に議員OBを採用しているのは、兵庫県を含め全国で4県のみ。他都道府県は、議員OBを排除する理由を、公正中立を保つため、選定理念に合致しないため、専門性を優先させるためとしています。極めて合理的な理由です。

知事の議会懐柔策なのでしょうが、こういうことをしているので、収用委員会委員報酬の見直しが進みません。全国では、高額な月額報酬から月額+日額もしくは日額化への見直しが進んでいます。収用委員会委員の報酬は月約26万円です。

コメント

_ (未記入) ― 2017年06月11日 19:13

監査委員等は、公認会計士や弁護士等の外部委員を議会として公募、選考して同意人事とすべきだと思います。

_ 丸尾 牧 ― 2017年06月13日 09:13

私もご提案に大賛成です。

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2017/06/09/8589849/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。