県議会視察 音羽電機工業「雷が鳴っている時は木から3m離れて」2015-09-01 19:38

 今日、明日は、県議会産業労働委員会の視察です。今日は、兵庫県経営者協会の女性産業人懇話会のメンバーと意見交換し、神戸市にある「ひょうご・しごと情報広場」を見学し、尼崎市にある音羽電機工業㈱雷テクノロジーセンターなどを訪問しました。
 音羽電機工業は、避雷針や雷防護関連機器を製造しており、家庭向けの避雷器も作っている会社です。
 音羽電機で話を聞いたところ、雷は、昔は「神鳴り」と言われていたようですが、雷には直接落ちて来る直撃雷と、電話線、電線などから入ってくる誘導雷があります。日本には年100万回ほど雷が落ち、その電圧は1億ボルトで温度は3万℃にもなるとのこと。
 雷から逃げるためのアドバイスですが、木の周りにいる時は、木に落ちた雷が人に飛んでくる可能性があることから、木から3m以上離れる必要があるようです。周りに何もない野原などにいる時は、しゃがむのが良いようですが、寝そべるのは、雷が地面を走ることから、好ましくありません。といろいろ雑学を教えていただきました。

安倍首相に「安保法案の廃案を求める申し入れ書」を送付2015-09-04 16:04

 本日、私を含め4名の自治体議員の呼びかけで、55名の自治体議員(6名は元職)の賛同をいただき、安保法案の廃案を求め、安倍首相、中谷防衛大臣宛に申し入れ書を送付しました。
 安保法案は、憲法違反であり、国民の理解も得られておらず、廃案を求めるというものです。
 記者会見には、尼崎市議の酒井さん、弘中さん、須田さん、北村さんの他に箕面市議の増田さん、向日市議の杉谷さん、伊丹市議の大津留(社民党)さんも参加してくれました。

全国市民オンブズマン兵庫大会で報告2015-09-05 22:13

今日、明日は神戸学院大学で、全国市民オンブズマン兵庫大会が開催されています。
今日の私の役割は、全体会合で兵庫県議会の改革状況を報告し、明日の分科会では、議員通信簿の意義や北海道福島町議会の改革の状況等を報告します。
 月曜日のニュース23で、私のコメントを含め全国大会の様子が放送される予定です。カットの場合もありますが・・・。

今日7日のニュース23はお忘れなく2015-09-07 10:20

 今日7日のニュース23(22時54分~)で市民オンブズマン全国大会の様子と政務活動費領収書のネット公開状況などについて、放送される予定です。私のコメントも流される予定ですが・・・。
 ちなみに全国大会で報告された政務活動費の領収書をHP上で、現在公開しているのは、大阪府、高知県、函館市、大津市で、今年10月からの公開は西宮市、今年度分を来年度から公開することが決まっているのは兵庫県、大阪市です。

喫煙・飲酒年齢は20歳のままで2015-09-08 11:05

 自民党の特命委員会が、選挙権の引き下げに合わせ、喫煙・飲酒を20歳から18歳に引き下げを求める提言案を示しました。委員会では「18歳を大人とするのであれば自己責任だ」などの意見があったようですが、科学的なデータに基づいて議論する必要があると考えます。
 厚労省が公表している喫煙に関する資料では、非喫煙者と比べ35歳以上で喫煙開始した場合は、肺がんによる死亡率が1.76倍になりますが、15歳~19歳で喫煙を開始した場合は5.51倍になります。25歳から29歳に喫煙を開始すると、肺がん死亡率は非喫煙者の3.58倍、20歳から24歳に喫煙を開始すると非喫煙者の4.38倍になりますが、喫煙年齢が早ければ早いほど、肺がんで死亡する確率が累進的に高くなります。また、吸い始める年齢が若いほど、ニコチンへの依存度が高い人が多くなるという報告も出ています。
 未成年の飲酒について、厚労省は次のような見解を出しています。「動物実験では未成年者に相当する個体は成人に相当する個体に比べてアルコールの分解の遅いことが分かっている。これは等量飲んでも未成年者の血中濃度がより高くなり、急性アルコール中毒や臓器に対する悪影響を引き起こしやすいことを示唆している。また、大量に飲んだ場合、成人に比べてより臓器障害を引き起こしやすく、また、アルコール依存症によりなりやすいことが、動物でも人でも確認されている。さらに、酒の飲み始めが早ければ早いほど、将来、事故に巻き込まれたり、アルコール依存症になるリスクが高くなることも多くの研究で確認されている。飲酒の影響は未成年者と成人とでは明らかな差がある。」
 特定業界の経済的利益を考えると、喫煙や飲酒の年齢を引き下げた方がいいのでしょうが、若者が元気に長く働き続けてもらった方が経済効果は高く、彼らの幸せのためにも、喫煙・飲酒年齢は引き下げる必要が無いと考えます。皆さんはどのようにお考えですか?