世界一高い日本の供託金の見直しを!2014-12-10 17:57

日本は600万円、アメリカ、フランス、ドイツ、イタリアはゼロ

衆議院議員選挙区で立候補するための供託金は300万円、比例区は600万円、選挙区、比例区の両方に立候補するには900万円が必要です。参議院議員選挙区選挙は300万円、比例区選挙は600万円。
イギリス約9万円、カナダ約7万円、韓国約150万円、シンガポール約79万円、オーストラリア上院約2万5千円・下院約5万円、インド約2.5万円、マレーシア約90万円、ニュージーランド約1.5万円、アイルランド約5.5万円

日本国憲法44条 両議員の議員及びその選挙人の資格につき、社会的身分、財産、収入などで差別することを禁止しています。

「政治を市民へ 供託金を見直す会」(代表 私です)として、全国全ての弁護士会に、高額な供託金は立候補する権利を不当に制限する人権侵害だとして、申し立てる予定です。
本日は第1陣として、静岡県、兵庫県弁護士会に人権救済の申し立て書を提出し、東京都、神奈川県には申立書を郵送しました。広島県はすでに郵送済み。北海道、新潟県、千葉県でも近く申立書が出される予定です。

既成政党が作った政治の大きな壁を、一緒に壊しましょう!

居住地の弁護士会に、同様の申し立てを出してみようという方は、是非、ご連絡下さい。資料を送ります。費用は無料です。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

※なお、送られたコメントはブログの管理者が確認するまで公開されません。

※投稿には管理者が設定した質問に答える必要があります。

名前:
メールアドレス:
URL:
次の質問に答えてください:
スパム対策です。英語で猫は何といいますか。アルファベッド、小文字でお答え下さい。シー、エー、ティー

コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://maruomaki.asablo.jp/blog/2014/12/10/7514058/tb

※なお、送られたトラックバックはブログの管理者が確認するまで公開されません。